「運営者・免責事項」

 

胆嚢ポリープは、超音波検査や腹部CT検査などで

 

胆嚢の壁に盛り上がりがあるもののことを指します。

 

したがって、胆嚢ポリープは「盛り上がり」に見える色々なものを合わせた名前です。

胆嚢ポリープは、健康診断でよく発見される病気のひとつです。

 

その名前自体はそこまで広く知られたものではないものの、

 

10人から20人に1人は胆嚢ポリープを持っていると言われています。

偶然に発見された胆嚢ポリープが大きかったり、

 

定期的な超音波検査でポリープが急に大きくなっていることが分かったりして、

 

医師に手術で胆嚢を摘出することを勧められた。

―胆嚢ポリープのうち一部は胆嚢癌の疑いで手術を勧められてしまう―

 

そんなことを聞くとそうなる前に何とかならないかと思いますよね。

 

胆嚢ポリープの90パーセントはコレステロールポリープという非腫瘍性ポリープ。

胆嚢ポリープの90パーセントはコレステロールポリープという

 

非腫瘍性ポリープで、

 

これは放っておいても悪性化する心配はありません。

心臓から全身にむけて送り出された血液が通る、体幹の中心にある太い動脈。

 

これを大動脈と言い、

 

壁は3層構造で外膜・中膜・内膜から成ります。

心臓から全身への血液の通り道である大動脈解離が起こると、

 

脳や心臓、腎臓などの主要な臓器に十分な血液が送れなくなったり、

 

大動脈が破裂して血液が大量の血液が失われたりするため、

大動脈解離は3層構造の大動脈の中膜に傷がつき、

 

その隙間に血液が流れ込むことで起こる病気です。

 

つまり、大動脈の中膜が弱くなってしまうことが病気の原因なのです。

大動脈解離は心臓から全身に向かって血液が送りだされた時に、

 

その圧力に大動脈の血管が耐えられなくなって、

 

大動脈の外壁と内壁が剥がれてしまう病気です。

大動脈解離では解離が起こった場所によって治療方針が異なります。

 

手術が選択されるのは、心臓に近い部分の大動脈に解離が起こった場合と、

 

解離によって脳や腎臓などの大切な臓器に血液が上手く流れなくなっている、