「運営者・免責事項」

 

大動脈解離の症状や生存率 >大動脈解離とは〜病態と症状〜

スポンサーリンク


心臓から全身にむけて送り出された血液が通る、体幹の中心にある太い動脈。

 

これを大動脈と言い、

 

壁は3層構造で外膜・中膜・内膜から成ります。

なんらかのきっかけで弱くなった中膜の隙間に血液が流れ込み、
内膜と外膜が剥がされて離れる病気が大動脈解離です。

 

「外膜と内膜が剥がされる」という言葉から想像する通り、
通常は激痛を生じます。
「焼け火箸を背中に突っ込まれたような」痛みと表現されるような激痛で、
しかも突然やってきます。
そして、大動脈の解離している部分が移動するにしたがって痛みも移動します。

 

大動脈解離はこのような移動する激痛だけではなく、他にも様々な症状を起こします。
大動脈はもともと心臓から全身に血液を送るために
常に高い圧力がかかっている血管です。
正常な血管であればその圧力に耐えられますが、
大動脈解離により外膜と内膜が剥がされて解離してしまった血管は
高い圧力に耐えられません。

 

圧力に耐えられずに血管の外側に破裂すれば、
血管の外に大量の血液が漏れてしまい、
心タンポナーデや血胸などの致死的な状況に陥ります。
一方で、外膜と内膜の隙間に大量の血液が流れ込めば、
本来の血管内腔側へ張り出して血管が狭くなります。
これにより、大動脈から血液を送られるはずの心臓や脳、
腎臓などが虚血状態に陥ってしまうのです。
症状は、心筋梗塞のように胸が痛くなる、
脳梗塞のように手足の麻痺やろれつが回らなくなるなど様々です。

 

また、大動脈解離で剥がれた部分が心臓まで達すると、
大動脈から心臓への血液の逆流を防いでいる大動脈弁が変形してしまいます。
これにより、異常な心音が聞かれたり、
肺から心臓へ血液が戻りにくくなって肺に水がたまることにより
呼吸苦や動悸といった症状がみられます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  ツイート チェック