「運営者・免責事項」

 

熱中症の症状や対策 >重症度によって異なる熱中症の症状

スポンサーリンク


熱中症の分類については、説明した通りです。

 

適切な対処がなされないと、発症から時間が経つにつれて、進行し重症化していきます。

 

軽度のうちに症状に気が付き、適切な対処をし、症状の進行を食い止めることが大切です。

そのためにも、症状をよく知っておくようにしましょう。

 

■T度:熱失神・熱けいれんの症状
主な症状:大量の発汗・めまい・立ちくらみ(失神)・筋肉痛・こむら返り

 

顔色が悪くなり、フラフラしたり、ボーっとしたりしている状態がみられたら、
休憩と適切な塩分と水分の補給が必要です。
T度の場合には、体温に変化は見られません。
筋肉のけいれんや足がつるなどの状態になることもあります。
意識を失っても一時的で、適切な対処で改善がみられる場合には、
症状の悪化が無いかよく観察し、状態を見守ります。

 

■U度:熱疲労の症状
主な症状:頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感

 

判断力や注意力が著しく低下し、ぐったりとしている場合には要注意です。
すぐに十分な塩分と水分の補給に加えて、環境の改善を行います。
医療機関へ搬送し、入院が必要になることがあります。
体温は40度以下ですが、対処が遅れるとV度に移行してしまうため、管理が大切です。
口から水分を摂れない場合には、点滴が必要になります。

 

■V度:熱射病の症状
主な症状:意識障害・40度以上に体温が上昇・発汗停止・皮膚の乾燥・昏睡

 

意識障害や、大量に出ていた汗が止まり、皮膚の渇きがある場合には、
一刻も早い冷却と病院への搬送が必要です。
高熱によって、肝臓や腎臓など臓器が影響を受ける危険が高く、
後遺症が残る場合や、死に至ることがあります。
特に脳は熱による影響を受けやすいため、発症後の冷却がその後を左右します。

 

のどが渇いたと感じた時は、すでに脱水状態であると覚えておいてください。
一度症状が出ると、進行が早いです。
少しの異変でも、すぐに環境を改善するように心がける必要があります。
顔色や表情など、普段と違った兆候がないかよく観察するようにしましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  ツイート チェック