「運営者・免責事項」

 

胆嚢ポリープの原因や症状 >どうして胆嚢ポリープになるの?〜原因について〜

スポンサーリンク


胆嚢ポリープは、超音波検査や腹部CT検査などで

 

胆嚢の壁に盛り上がりがあるもののことを指します。

 

したがって、胆嚢ポリープは「盛り上がり」に見える色々なものを合わせた名前です。

まずその大きな分類としては、
胆嚢の壁の細胞の数が増えて「盛り上がり」になったものと、
胆嚢の壁に何かが蓄積して「盛り上がり」になったものに分けられます。
前者を腫瘍性ポリープ、後者を非腫瘍性ポリープと呼んでいます。

 

腫瘍性ポリープ、と聞くと何やら危なっかしくて怖いものを
想像してしまいますがそんなことはありません。
この中にも線種と呼ばれる良性のものと、
癌すなわち悪性のものが含まれています。

 

このうち悪性の胆嚢癌のリスクを高める原因として、
膵・胆管合流異常という先天性の奇形が知られています。
この奇形があると十二指腸に分泌されるはずの
強い消化酵素を含む膵液と胆汁が逆流してしまうので、
胆嚢癌のリスクを高めるだけでなく胆管炎や胆石形成、
急性膵炎などの様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

一方の線種と呼ばれるポリープには、
過形成ポリープや炎症性ポリープなどがあります。
炎症性ポリープは急性胆嚢炎を繰り返して
粘膜に何度も炎症が起こることが主な原因です。

 

もうひとつのカテゴリーの非線種性ポリープは
ほとんどがコレステロールポリープで、こちらは正真正銘の良性です。
胆嚢の壁にコレステロールの結晶が沈着して盛り上がりを作っているだけなので、
放っておいても大きくなることはありません。
この胆嚢ポリープがなぜできるのかはまだ分かっていませんが、
コレステロールポリープは食生活の影響が多少なりとも
あるのではないかと考えられています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加  ツイート チェック