アドベンチャーワールドの料金の目安は?入園料はいくら?

【目次】
1.アドベンチャーワールドの料金の目安は?入園料はいくら?
2.アドベンチャーワールドの入園料って割引できるの!?
3.アドベンチャーワールドへのアクセス方法

 

アドベンチャーワールドの料金の目安は?入園料はいくら?

現在、日本にはテーマパークがございます。
その中でもファミリーやカップルでも利用しやすい存在の
『アドベンチャーワールド』ですが利用料金が様々です。
今回はその利用料金について簡単に解説していきたいと思います。

■アドベンチャーワールドの入園料は利用する日数によって異なります。
◯一日利用の場合(個人)
大人(18歳以上)は4500円
シニア(65歳以上)は4000円
中学生・高校生(12歳~17歳)は3500円
幼児・小学生(4歳~11歳)は2500円

◯二日間利用の場合(個人)
大人(18歳以上)は7900円
シニア(65歳以上)は7200円
中学生・高校生(12歳~17歳)は5800円
幼児・小学生(4歳~11歳)は3900円

◯年間パスポート
大人(18歳以上)は15800円
シニア(65歳以上)は14400円
中学生・高校生(12歳~17歳)は10900円
幼児・小学生(4歳~11歳)は7200円

年間で4回以上利用する方は年間パスポートをオススメします。
それ以外の方は一日入園券や二日間入園券の方が無駄にならずお得です。
会社や学校で利用される団体様の場合は、
団体料金が適用される最低人数が設定されていたりするので
利用するタイミングで確認をとってもらう方がいいと思います。

ただし学校の場合は、学校長承認のもと全学年を対象とした学校行事として
先生などに引率されてくるグループにしか適用されません。

引率している先生は生徒と同じ料金で入園できます。
なお、事前に学校料金申請書の提出が必要です。
障害者、要介護認定者、介護者の方は各自証明できる証明書があれば
割引が適用されるので入園される際は提示してぜひ割引を利用してください。



 

アドベンチャーワールドの入園料って割引できるの!?

日頃みなさんが家族や恋人と利用するアドベンチャーワールドですが、
利用しているときに割引があるといいなと思ったことはありませんか?
普通なら1Day入園券や二日間入園券を比較して
よりお得な方を購入して対応してるとおもいますが、
少しでも安くお得に利用できる方法を簡単に紹介していきたいと思います。

■誕生日特典
アドベンチャーワールドの入園料割引の中でも最強クラスの割引方法です。
バースデーセレブレーションというシステムで
誕生日当日に自分の誕生日を証明できるものがあれば入園料が無料になります。
誕生日を証明するものは運転免許証、健康保険証などの原本に限ります。
誕生日当日が休園日の場合は、休園日の前後の営業日で利用できます。
この特典ではバースデーバッジという物をプレゼントとしてもらえます。

■宿泊施設利用で割引が受けられます
白浜温泉旅館共同組合加盟ホテル・旅館を宿泊で利用すると
アドベンチャーワールドの入園券を200円も安く購入ます。
中には、宿泊しなくても200円安く入園券を購入できる旅館などあります。

■夕方の入園割引
アドベンチャーワールドの入園料は時間でも割引があり、
15時30分以降に入園すると大人であれば4500円のチケットが3200円で購入できます。
なので、仕事終わりの大人の方や学校終わりの学生さんたちにはオススメな割引です。

上記の内容をみてもらえればアドベンチャーワールドにも
割引というものが存在することがわかります。
ぜひ自分にあった割引方法を活用してお得に利用してもらえると嬉しいです。



 

アドベンチャーワールドへのアクセス方法

アドベンチャーワールドを利用しようとしている
家族連れやカップルの方はアドベンチャーワールドに
どうやって行こうか迷う方も少なくないんじゃないかと思います。
そういう人たちのために車で来る場合や公共交通機関で来る場合に
分けて簡単にメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

■車でのアクセスの場合
最寄りのインターチェンジは2ヶ所あります。
南紀白浜インターチェンジと南紀田辺インターチェンジの2つです。
駐車場はアドベンチャーワールドの専用駐車場があり
普通車であれば1日1200円で利用できます。
メリットとしては駐車場の料金がリーズナブルな所と
車で来ることによってお土産とかがたくさん持って帰りやすくなります。
お子さまがいる場合には帰り道に車の中でゆっくり休んだりもできます。
デメリットとしては場所的にも車で来られる方も多いので
休日や大型連休になると周辺道路から渋滞に巻き込まれることがあります。
駐車場に入る為のゲートが存在していて行列が発生しやすいので
駐車場に入るだけでもかなりの時間がかかります。

■公共交通機関でのアクセスの場合
バスでアクセスの場合は近畿からだと、京都と大阪からバスが出ています。
京都からだと約4時間。大阪からだと
約3時間30分でアドベンチャーワールドに到着します。
東京方面だと横浜、新宿、池袋、大宮からバスが出ています。
東京方面からだと約12時間でアドベンチャーワールドに到着します。

電車でのアクセスの場合は近畿からだと、
京都(JR京都駅)から特急電車で約2時間50分、
大阪(JR新大阪駅)から特急電車で約2時間30分、
大阪(JR天王寺駅)から特急電車で約2時間で到着します。
名古屋からだとJR名古屋駅から新幹線+特急電車で約3時間50分で到着します。
JR白浜駅からは路線バスをご利用ください。

飛行機でのアクセスの場合は東京(羽田空港)JALを使用して約70分で到着します。
南紀白浜空港からは路線バスをご利用ください。

公共交通機関でのメリットは車と違い渋滞に巻き込まれることがありません。
デメリットは手荷物が多くなると身動きが取りにくくなりやすいというのと、
お子さま連れの場合は帰り道に疲労が溜まってしまうとぐずってしまう恐れがあるので
動きにくくなることもあると思います。

上記のことを踏まえてご自身にあった移動手段で来園するようにすればいいかと思います。