英検2級の過去問が無料で勉強できるおすすめサイト

【目次】
1.英検2級の過去問が無料で勉強できるおすすめサイト
2.英検2級のレベルと合格点は?
3.英検2級の2次試験はどんな感じ?英検2級の面接について
4.英検2級の面接って怖い!?英検2級の面接の勉強法

 

英検2級の過去問が無料で勉強できるおすすめサイト

私は勉強するのにたくさんメディアを活用しました。
スマートフォン等をお持ちの方は、アプリを使って勉強しても良いと思います。
使えるものは最大限に活用して勉強しましょう。

●日本英語検定協会
英検2級の勉強をする時、最も頼りになるのは過去問題ではないでしょうか?
ですから、過去問を無料で取得できたらうれしいですよね?
日本英語検定協会のホームページでは英検のそれぞれの級の過去問題が掲載されています。
勿論のこと答えもありますので、答え合わせも出来ます。
ダウンロードをして毎日勉強していきましょう。

日本英語検定協会 英検2級問題と対策
http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/solutions.html

●英語のチカラ
英検を楽しく勉強出来たらもっと嬉しいですよね?
そんな時は「英語のチカラ」。
ゲームを通じて、楽しみながらリスニング、単語力をアップさせてくれます。
ゲームの力は、自分が思っていたより大きいです。

英語のチカラ
http://www.eigonochikara.com/

●英検クイズ
問題Ⅰは何度も練習してこそ出来るものだと思います。
そこで自動採点式のサイトをご紹介します。
何度も練習して、満点を目指していきましょう。

自動採点式 英検類似問題 英検クイズ
http://www.eikenseminar.com/quiz/

●アプリ
通勤・通学時間や隙間時間等で英検2級の勉強をしましょう。
スマートフォンなどのアプリでいつも英検を意識します。
毎日コツコツと、その積み重ねが英検2級・合格への道です。

英検過去問チェック
英検過去問プチチェック

身近なメディアを使って、英検に対する勉強をしていくのも効果的な勉強法です。
間違えた問題は、復習します。
毎日練習すればきっと問題にも、出てくる単語にも慣れてきます。
ですから、少しでもいいので毎日続けてみましょう。
そうすれば良い成果が表れるのではないでしょうか?



 

英検2級のレベルと合格点は?

英検とは?英検、正式名称は実用英語技能検定と言います。
一般的には英検と略します。
英検の方が言いやすいと私は思います。
英検は5級から1級まで、全部で7段階あります。
5級は中学初級程度です。1級は大学上級程度と幅が広いです。
その中でも2級は、上から数えて3番目の難しさです。

●英検2級
さて、英検の2級です。
私が高校生の時、「2級に合格した」と友達が言うと「頭がいいな。」と思ったこと思い出します。
文部科学省が出している、高校卒業段階での英語力達成目標は準2級~2級であるとなっています。
就職活動の履歴書や海外の留学で評価されるのも、大抵2級からです。
さて、英検2級の概要を見ていきましょう。
まず、一次試験です。
筆記試験は75分、リスニング試験は約25分で行われます。
そして、二次試験は面接試験で約7分です。
2級の問題は、医療やテクノロジーなど少々難しい英文の読解も出題されます。

●英検2級とはどのくらいの難しさなの?~レベル~
英検2級のレベルは、高校卒業程度と言われています。
英検準2級が高校在学程度、そして英検準1級が大学在学程度です。
ですから、ちょうど大学入試の英語科目に挑戦していると思っていただければいいのではないか、
と思います。
日本英語検定協会は英検2級の程度を、
「社会生活に必要な英語を理解し、また使用することが出来る」
と発表しています。
また、審査領域としては、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング共に、
「社会性のある話題、内容についてそれぞれ理解し、書け、やり取りが出来る」
としています。
何だか、難しい気がしませんか?
要するに、テレビや新聞などの少し難しい情報でも理解することが出来る、
という事ではないでしょうか。
例えば、小学生が日本語の新聞やテレビの内容を見ても少ししか分からない事が、
中学生くらいに成長するとテレビそして新聞も、
細かいところまで理解できるようになる事と同じだと思います。

英検はよくTOEICと比較されることがあります。
その中でも2級はTOEIC540点~640点であるといわれています。

●英検2級はどのくらいで合格できるの?~合格ライン~
英検2級の合格ラインは
1次試験:満点の60%前後
2次試験:満点の60%前後です。

1次試験は75点満点中45点前後で合格です。
因み、2014年の英検2級合格率は、なんと25.3%。4人に1人しか合格しないのです。

スポンサーリンク


 

英検2級の2次試験はどんな感じ?英検2級の面接について

さて、1次試験を通過しました。
次に待っているのは2次試験の面接です。
「普通の面接でも緊張するのに、英語で面接なんて・・・」と思っている方が多いと思います。

私もそうでした。
実際、とても緊張しました。
面接会場で待たされる時の緊張感は、正直なところ、もう味わいたくありません。
ですがそんなことを言っていても英検2級には合格しません。
緊張感も試験のうちだと思って、頑張ってください。

●試験内容
前置きはそのくらいにします。
それではまず、試験の内容です。
面接は1対1です

1.面接室に入ります。
2.記入してある面接カードを渡し着席します。
3.簡単な英語のやり取りをします。挨拶程度な感じです。
4.説明文(60語くらい)とイラストが描かれたカードが手渡されます。
5.20秒間黙読します。
6.説明文を音読します。
7.説明文に対しての質問が1問あります。
8.イラストの状況を20秒間、見て考えます。
9.イラストを説明します。
10.面接カードを裏返します。
11.受験者自身の意見を問う問題が2問あります。
12.面接カードを面接官に返します。
13.さようならの挨拶をします。
14.退室です。

試験時間は10分もかからないくらいです。
ただし、受験する人が多いため、待ち時間は1時間くらいかかります。
私もですが、皆さん受かろうと必死なので、周りを見ると急に焦ってきます。
ですが自分のペースで大丈夫です。
1次試験の勉強の際にも言いましたが、「自分なり」で全く問題ありません。
特に2次試験は「コミュニケーション」を試す試験ですので、周りに振り回されないでください。

●配点とポイント
次は、配点です。
因みに、2次試験の受験者で合格する割合は、75%くらいです。

1.音読・・・5点
2.質問・・・各5点
3.態度・・・5点

ここで皆さんがきっと思うのは、「態度って何?」だと思います。
ですが、最初から一つ一つ見ていきましょう。

1.音読
黙読の際には取りあえず全部の単語に目を通しましょう。
時間が余ったら内容を理解するように努力してください。
音読する際はタイトルから読み、文の区切り方やイントネーションに注意してください。
読むスピードは勿論、自分のペースで構いません。
ですが、「自分は英語ができます」アピールで、速く読んでみる事はしないでください。
ゆっくりで大丈夫です。

2.質問
面接官が出す質問が理解出来るように、全力を尽くしてください。
特に説明文に対する答えを言う際は、質問の中に答えが隠れています。
言う際は、文法的に崩壊していても大丈夫です。
自信をもって答えましょう。
質問の内容が分からなかった時は、聞き返します。
沈黙はコミュニケーションではありません。
ですから、「沈黙は絶対にダメ」だと心に留めておいてください。
本気で考えても答えが見つからなかった場合、最終手段です。
憶測で言ってしまいましょう。
「何も答えられなかった」では点数につながりません。

3.態度
「英語を話すのは自信がないよ。」という方、いらっしゃると思います。
これではダメです。
2次試験のときだけで構いませんので、自信を持ってください。
2級の2次試験は、相手に思いを伝えようという態度が評価されます。
黙ってしまうのが、最もダメなことです。
日本語で話す時でも、相手が黙ってしまうと、自分まで緊張してしまい、
お互い沈黙が続くという場面があると思います。
英語でも同じですから、well.とかLet me see.を使って沈黙が続かなようにしましょう。
そして、発音、文法など多少の間違いをしても合格しますから、
自信をもって明るく言ってください。
大切なのは、「会話をする」ということです。
あなたに伝えたいのよ。と、態度に表わしてください。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

英検2級の面接って怖い!?英検2級の面接の勉強法

面接試験は、誰でも緊張すると思います。
緊張するなとは言いません。
ですが、その事で普段の力が発揮できなかったというのは、非常にもったいない事だと思います。
緊張しても、存分に力を見せられるように練習をしましょう。

●バーチャル2次試験
さて、日本英語検定協会のバーチャル2次試験をご存知ですか?
2次試験に進めることになったら、まず、バーチャル2次試験を見てみましょう。
こちらを見る事で、試験全体の流れがわかります。

●面接の勉強法
就職試験の面接は、質問や流れが事前には分かりません。
ですが、英検の場合は流れが同じなので、質問は分からなくても勉強出来ます。
では、私が行った勉強法をご紹介します。

1.バーチャル2次試験
前にも書きましたが、まずはバーチャル2次試験で試験のイメージトレーニングをしました。
「私だったらなんて答えるかな?」と常に考えました。

2.音読
次に音読です。
私は学校に通っている時に試験を受けたので、学校で使っていた教科書を音読しました。
これで、読むことに慣れました。
イントネーションや分からない言葉を調べることで、単語の勉強にもなります。
勿論、1次試験の勉強の際に使った、過去問題集の2次試験問題を音読しても構いません。
そして、英文で書かれた新聞、本でも大丈夫です。
読むものは何でもいいので声に出して読みましょう。

3.過去問題集で勉強
音読をしつつ、過去問題集を使った練習をします。
特に受験者自身に意見を問う問題では答えがいろいろあります。
自分の考えを言えるようになりましょう。
過去問題集の特に問題3と4を音読します。
そして自分で答えを考えて、ノートに書きながら言います。
次に、辞書を使いながら自分の言いたかった事を完成させます。
そして最後に、完成させた文を3回音読します。
終わりです。
全ての回で行いましょう。

●ハキハキと明るく!!
英検2級の2次試験はコミュニケーションを見ています。
自信がないから・・・と言って、モジモジしていて沈黙が多いのでは態度点が上がりません。
たとえ英語があまり得意じゃなくても、自信があるように見せましょう。
明るい声でハキハキと答えましょう。
面接官の眼(顔)を見ながら、
うなずきながらというのもコミュニケーションを図ろうとしていると思えます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
英検2級の合格には、コツコツと勉強することが一番大切だと思います。
試験を受ける時は、今まで勉強してきたノートを見直してください。
「これだけ頑張った」などと思えたら、緊張していても、
分からない単語が出てきても立ち向かっていけると思います。
さあ、勉強を頑張りましょう。
英検2級合格は目前です。
皆さんの2級合格を心から応援しています。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク