電子マネーとは現金使わずお支払いすること!iDのサービスで詳しく解説!

【目次】
1.電子マネーとは現金使わずお支払いすること!iDのサービスで詳しく解説!
2.iDを使うには?スマホに必要なアプリはこれ!
3.iDを使えるお店の探し方とiDの使い方

 

電子マネーとは現金使わずお支払いすること!iDのサービスで詳しく解説!

近頃宣伝が盛んになってきた「電子マネーでお支払い」という言葉。
電子マネーとはなんでしょうか?電子マネーを持っていると、
財布からいちいち現金を取り出さずにスムーズにお会計することができます。
電子マネーの中でも最も代表的なサービスの一つ「iD」を使って、
詳しく解説します。

■1.電子マネーがあればお財布はいらない?
電子マネーとは、現金を電気のお金に変えたもののことを言います。
専用の機械に、電子マネーを蓄えられるカードを入れて、
蓄えたい分の現金を一緒に入れると、
カードの中に現金が電気となって蓄えられます。

こうすることで、お会計の時にレジに置いてある機械に
「ピッ」とカードを当てるだけでお会計ができるのです。
いちいち小銭やお札で財布や荷物がかさばったり、
会計時に手こずらなくて済むのです。

■2.電子マネーサービス「iD」を使ってみよう
では実際に電子マネーを使ってお買い物をしましょう。
新しいことは実際に使ってみなければなかなか覚えないものです。
「iD」の公式サイトから、プリペイド型の始め方を見てみましょう。
好きなカードを選んで申し込みます。カードが届いたら、
カードの中にお金をいくらか移してみましょう。
移す方法は、カード専用のスマホアプリから、
または銀行の口座で移すことができます。
詳しくは申し込んだカードのホームページをチェックしてみてください。

■3.電子マネーのメリット
電子マネーのメリットは、お会計がとてもスムーズに済ませられることです。
クレジットカードのように暗証番号の入力やサインがいりません。
また、設定次第では電子マネーでお買い物してすぐに明細が記載されたメールが届くので、
お金の管理も簡単です。

様々な種類の電子マネーがありますが、まず初心者には、
使用できる店舗数が多くかつ使い方がわかりやすい「iD」
から始めるのがオススメです。



 

iDを使うには?スマホに必要なアプリはこれ!

電子マネーを使ってみたいけれど、
種類がありすぎて複雑に感じますよね?
iDならばいたってシンプルに電子マネーを使用することが出来ます。

■1.前払いか?後払いか?即時引き落としか?
iDは持っている現金を電気のお金に変えて、
支払いをスムーズにしてくれるサービスです。
電気のお金へ変える方法が3種類あります。
それは前払いか後払いか即時引き落としかの3種類です。
それぞれ解説します。

・前払いの人はプリペイドカードを申し込む
あらかじめ現金を電気のお金に変えておいて、
そのままスムーズに支払いたい人は前払い方式でiDを使いましょう。
前払いのメリットは、電気のお金に変えた額がわかっているので、
お金を使いすぎないというメリットがあります。

前払いで利用するならばiD公式サイトからプリペイドカードを申し込みましょう。
iD機能の付いたプリペイドカードが表示されるので、
自分に合うカードを選んで申し込みます。
更にそのカードに現金から変えた電気のお金を入れる必要があります。
iDカードを申し込んだのならば、ローソンか銀行ATMで入れることが出来ます。
※カードによって入れ方は異なります。

・後払いの人はiDがくっついたクレジットを申し込む
iDがくっついたクレジットカードを申し込むことで、
サインや暗証番号のいらないクレジットカードを作ることが出来ます。
公式サイトから好きなクレジットカードを選んで申し込みます。

あらかじめ電気に変えたお金をカードに入れなくてもいいというメリットがあります。
iDで支払った代金とクレジットカードで支払った代金が合算して翌月に請求されるので、
クレジットもiDも一緒に管理できます。

・即時引き落としの人はデビットカードを申し込む
自身の口座内にあるお金の範囲でカードにお金を入れたい人は
デビットカードを申し込みましょう。
カードにお金を入れる手間が省けるだけでなく、
口座内にあるお金以上は使用することが出来ないという安心があります。

■2.専用アプリをダウンロードしよう
iDの専用アプリをダウンロードしましょう。
iPhoneならAppleSroreから、
AndroidならPlayストアからiDと検索することで見つけることができます。
ここから、持っているカードの種類によっては、
カードにお金を入れることが出来たり、iD支払いが出来るお店が探せたり、
便利な機能が付いています。



 

iDを使えるお店の探し方とiDの使い方

iDを使いたくとも、iDで支払いが出来るお店でなくては使うことが出来ません。
iD支払いが可能なお店の探し方はとても簡単です。
お出かけする前に確認していきましょう。

■1.公式iDアプリで探す
スマホにiDのアプリはダウンロードしていますか?
していなければぜひダウンロードしましょう。
このアプリで、近くのまたは目的地付近でiDが使えるお店を検索することができます。
ちなみにアプリだけでなく、パソコンで見られるiDの公式サイトからも
同じ方法で探すことが出来ます。

アプリを開くと、真ん中に「使えるお店」と表示されています。
ここをクリックすると「キーワードから探す」か「現在地から探す」が選べます。
使いたいお店で実際にiDが使えるか確認したいときは、
「キーワードから探す」で店名を入力してみます。
周辺でiDが使えるお店を探したいときは「現在地から探す」で探してみましょう。

現在地ではなく、目的地の駅周辺や建物の周りを検索したい場合は、
「現在地から探す」で出てきた地図を目的地が写るようずらして
探すことも出来ます。

iDが使えるお店は随時拡大しています。
アプリの「使えるお店」の画面下部に、
使えるようになったお店の最新情報が載ってますので、
こちらもチェックしてみてください。

■2.お店でiDを使うには?
お会計時にiDを使いたいときは、店員さんに「iDで支払います」と伝えましょう。
店員さんがiDをかざす機械を用意してくれるので、
そこに金額を確かめて「ピッ」と音が鳴るまでカードをあてます。
支払い後すぐに、施した設定によってはiDで支払った買い物の明細が
スマホに送られてくるので、簡単に使用したお金の管理をすることが出来ます。