快活クラブの料金は?この快適さでこれは安い!

【目次】
1.快活クラブの料金は?この快適さでこれは安い!
2.快活クラブのカラオケ施設は自由度高め!色々持ち込み可です
3.快活クラブに持ち込みOKなものNGなもの

 

快活クラブの料金は?この快適さでこれは安い!

快活クラブはカラオケ、ドリンクバーとマンガ・雑誌読み放題スペース、
インターネット、シャワールームなどアミューズメントと娯楽に特化した施設です。
(※店舗によって設置されている施設は異なります)
使ってみたいけれど気になるのはやっぱり料金です。
今回は快活クラブの料金を詳しく解説します。
コスパの良さにビックリするはずですよ。

■料金や体系はお店によって異なる
快活クラブは日本全国373店舗あり(※2019年4月20日現在)
基本料金や料金体系など、料金に関する内容が店舗によって
大きく異なるという特殊なルールになっています。
利用する際は、あらかじめ利用店舗の公式サイトに記載されている
料金を確認したほうがよいでしょう。
例えば以下の3店舗だけでも大きく異なっていることがわかります。
(以下の料金は全て税込価格表示かつ2019年4月20日時点における料金です)

◯東京都池袋東口駅前店
最初の30分⇒270円、以降10分ごと⇒90円
3時間⇒1100円
6時間⇒1700円
9時間⇒2400円
12時間⇒2600円
ナイト6時間⇒1600円※午後8時から午前4時までに入室してから6時間
ナイト8時間⇒2000円※午後8時から午前4時までに入室してから8時間

◯大阪府道頓堀店
最初の30分⇒285円、以降10分ごと⇒88円
3時間⇒1070円
6時間⇒1944円
9時間⇒2592円
12時間⇒3132円
24時間⇒5194円

◯京都府新堀川店
最初の30分⇒206円、以降10分ごと⇒59円
3時間⇒579円
6時間⇒933円
9時間⇒1227円
12時間⇒1463円
24時間⇒2514円
ナイト8時間⇒933円※午後8時から午前4時までに入室してから8時間

■お得な料金体系に自動で切り替わる
多くの店舗が、はじめの時間に10分ごとなど
時間単位で料金が加算されていくシステムで、途中から8時間パック、
12時間パックというようにパック料金も用意されていることがあります。
入店時に受付で5時間だけ利用と伝えたが8時間利用してしまった!
という場合でも、受付に延長することを伝えなくても
自動的に8時間パックに切り替えて清算してくれるので安心です。

■まとめ
利用料金は全店舗一律ではなく、店舗ごとに体系や内容が異なります。
これから利用しようと思っている店舗がどのような料金なのか?
または近くにある店舗のうちどこで利用したほうがお得なのか?
あらかじめ公式サイトで確認しておくことが大切です。



 

快活クラブのカラオケ施設は自由度高め!色々持ち込み可です

快活クラブといえばカラオケです。カラオケ好きには必見の、
他のカラオケ施設にはない充実したサービスがたくさん用意されています。
お得で楽しいサービスや施設を把握して、快活クラブのカラオケを精一杯楽しみましょう。

■設置されているカラオケの機種は?
カラオケの収録曲によって、カラオケの機種にこだわりのある方もいるでしょう。
けれども快活クラブのカラオケなら以下の最新機種が取り揃えてあります。
(※店舗によって異なる場合があります)

・LIVEDAM STADIUM STAGE
・LIVEDAM STADIUM
・JOYSOUND MAX2

■ドリンクソフトクリーム食べ放題、コミックや雑誌も持ち込み自由
カラオケのお部屋ですが、基本的には普通のブースと同じように利用することが出来ます。
つまりコミックや雑誌を部屋に持ち込んで、
歌ったり読んだりが自由に楽しめるということです。
また、施設内に設置されているドリンクバーやソフトクリームは、
お部屋内で全て飲み放題食べ放題です。

■1&2カラオケ?その斬新なカラオケ施設とは?
一人カラオケをする人が増えてきました。
そんな人向けに、快活クラブでは店舗によっては
「1&2カラオケ」という斬新な部屋が付いているところがあります。
まるでレコーディングスタジオのようなかなり本格的な機材が用意されています。
自分の歌を録音することも出来るので、歌の練習をしたい方にはぴったりです。

■まとめ
持込や利用方法など、快活クラブのカラオケは比較的自由度が高いです。
更に最新の人気機種であるJOYSOUNDが設置されているのもうれしいところです。
ただし利用料金が店舗によって大きく異なるため、
前もって公式サイトで利用料金を調べておきましょう。



 

快活クラブに持ち込みOKなものNGなもの

快活クラブの施設は持ち込んでよいものと持ち込んではいけないものがあります。
比較的自由度の高い施設ですが、
きちんとルールを守って気持ちよく使いたいですよね?
持込が可能なものとダメなものを把握しておきましょう。

■持ち込みOKなもの
・ノートパソコン
個人のノートパソコンを快活クラブ内で使用することが出来ます。
ただしセキュリティの関係上、LANケーブルへの接続は不可であり、
施設内で用意されているFREE-WiFiでインターネットへ接続しましょう。

・ゲーム機、ゲームソフト
個人のゲーム機やゲームソフトを持ち込んで
快活クラブ内で遊ぶことが出来ます。
店舗内にFREE-WiFiが通っていれば、インターネットに接続することもできます。

・本、コミック
もちろん自分が持ってきたお気に入りの本やコミックも持ち込み可能です。
ただし、快活クラブの本やコミックと混在しないように注意が必要です。

■持ち込みNGなもの
・飲食(施設によってはOKな場所もある)
飲食の持込が禁止されている施設においては衛生上、
飲食を持ち込んで施設内で飲み食いすることは出来ません。
快活クラブ内にはおいしいお食事メニューやスナック菓子の販売等もあるため、
それらを使用するようにしましょう。
(※スナック菓子の販売は店舗によっては実施していない場合があります)

■まとめ
快活クラブへの持込に関してはとても寛容的であることがわかりましたね。
施設利用の快適さにお得な料金設定ですから、
ぜひとも利用ルールをきちんと守って使用したいですね。
もしこの他にも持ち込んでいいものかどうか判断に迷ったら、
スタッフさんに聞いてみてくださいね。