お中元を贈ろう!適切な時期とは?

【目次】
1.お中元を贈ろう!適切な時期とは?
2.お中元頂いたら!相手に好感を与えるお礼状の書き方
3.お中元とは?また、お歳暮との違いとは?

 

お中元を贈ろう!適切な時期とは?

6月になると、デパートや百貨店でお中元の受注会が始まります。
お世話になっている方にお礼の気持ちを伝える大事な機会であるお中元ですが、
時期を間違えると失礼に当たってしまう場合があります。

どんな時期に送ればよいのでしょうか。
まず、お中元を贈る時期ですが、関東と関西では時期にずれがあるのはご存知ですか?
関東をはじめとして、東北や北陸の一部では7月1日~15日、
関西や東海、中国、四国などは7月15日~8月15日くらいまでがお中元を贈る時期です。
九州などでは、8月初旬から8月15日になります。

それ以降も、贈り物をしてはいけないかといったら、そんなことはありません。
しかし、意味合いが少し違ってきてしまいます。
この時期を過ぎると、立秋あたりまで関東では「暑中お見舞い」になります。
立秋以降や関西の「お中元」の時期のあとは「残暑お見舞い」となってしまい、
季節のご挨拶になります。お世話になった感謝の気持ちを伝える、
という意味の「お中元」とは少し違うものになってきてしまいますので、
ご注意ください。

全国的に7月15日から8月初旬まで、というところが多くなっては来ているようですが、
年配の方にはあまり支持されていません。
昔ながらの時期に送るのがよいようです。
関東系なのか、関西系なのか、どちらかわからない、
というときには7月15日前後に送っておけば間違いはないでしょう。
もともとの道教用語である「中元」とは、7月15日のこと。
この前後に届くようにするのがお中元の基本です。



 

お中元頂いたら!相手に好感を与えるお礼状の書き方

日ごろお世話になっている気持を伝えるお中元。
送られたら、お礼状を送るのがマナーです。
爽やかなお礼状で、好感度をアップさせたいもの。
好感度の高いお礼状の書き方があります。

お礼状に書かなければならないことは3つです。
まず、「お中元をいただいたことに対するお礼」。
簡潔に、「ご丁寧にありがとうございました」という気持ちを伝えます。
次に、「送ってくれたことに対する気遣いに感謝する気持ち」を書きます。
「お気遣い、ありがとうございます」と添えるだけで気配りのあるお礼状になります。また、いただいたものに対する感想なども一言書いておくと、
相手も嬉しい気持ちになります。
最後に、「とりあえず書中にてお礼申し上げます」と、
手紙でお礼を言うことについての文章を付けます。
この3つを押さえるだけで、感じのよいお礼状になります。

逆に、あまりよくないのが、
「こちらから贈っていなくてすみません」というような謝罪の言葉を入れることです。
言い訳がましくなってしまうと、印象もよくありません。
たとえ贈り忘れていたとしても、
純粋に「家族の大好物です、ありがとうございます」と、
うれしいと感じていることを素直に書いてよいのです。

もう一つ、気を付けたいことがあります。目上の人には避けたほうがいいのが、
「おいしかったです」など、食べてしまってからのお礼です。
お礼を言う前に食べてしまうのは、
年配の方の中にはあまりよいマナーと思っていない方もいらっしゃいます。
友人などにはよいのですが、目上の方にお礼状を出すときは、
「おいしそうです。いただきます」など、食べる前のお礼のほうがスマートです。

スポンサーリンク


 

お中元とは?また、お歳暮との違いとは?

お中元とは何でしょう?
当たり前のように使っている言葉ですが、
もともとは中国の古代からの宗教である道教の用語です。

道教には「三元」という節日(せちにち)があります。
先祖供養の日であり、先祖の魂を大事にする日でした。
仏教のお彼岸と似ています。
これが、生きている魂を大事にする日、と転化され、
日本では「お世話になった人にお礼の言葉を伝える日」となっています。
お世話になった方に、いつもありがとうございます、
これからもよろしくお願いいたしますという意味で送るものです。

三元は、上元、中元、下元の3つの日のことで、
それぞれ陰暦の1月15日、7月15日、10月15日となっています。
この中元の7月15日のあたりに贈り物を贈ることが「お中元」となりました。

お世話になった人に贈り物を贈る機会は、年に二回あります。
夏のお中元、冬のお歳暮です。この二つは似ているようで、違います。

お歳暮は、日本の昔の風習で、
年の暮れに世話になった人に手土産を持ってあいさつ回りをする
「歳暮まわり」からきています。

今は実際に家々を回ることはなくなりましたが、
贈り物を贈る習慣は今でも残っています。
今年も一年お世話になりました、
来年もぜひよろしくお願いいたしますというご挨拶の意味になります。

生きている人の魂を大事にする日、ということから始まったお中元と、
お世話になった人にあいさつ回りをして「来年もよろしく」の気持ちを
伝えるお歳暮。似ているようで、実は違うのです。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク