本サイトは商品プロモーションが含まれる場合があります。

大阪からディズニーリゾートへの交通費用はいくら?ホテルは?ディズニー旅行をお得に満喫する方法

このページでは、大阪からディズニーリゾートへ行く際の交通手段(夜行バス・飛行機・新幹線・自家用車)の種類やそれらのメリット・デメリット。ディズニーホテルのお得な予約方法など、ディズニーの旅をお得に満喫する方法について徹底解説いたします。
また、飛行機、新幹線、夜行バスを利用した際のパークへの最速到着予定時間についてもご紹介!ディズニー旅行を効率よく楽しむための計画を立てる上でとても参考になる内容となっております。
是非最後までお読みください。

  1. 大阪からディズニーリゾートへの交通手段は主に4つ
  2. 大阪から【夜行バス】を使ってディズニーリゾートへ行く場合
  3. 大阪から【新幹線】を使ってディズニーリゾートへ行く場合
  4. 大阪から【飛行機】を使ってディズニーリゾートへ行く場合
  5. 大阪から【自家用車】を使ってディズニーリゾートへ行く場合
  6. 長距離移動を伴うディズニー旅行はホテル宿泊で快適に
  7. まとめ

大阪からディズニーリゾートへの交通手段は主に4つ

一般的に大阪からディズニーリゾートへ行く交通手段は主に飛行機、新幹線、夜行バス、自家用車の4つです。

こちらでは、それぞれのメリットとデメリットについて順を追ってご紹介していきますが、注意点として自家用車については、大阪からディズニーリゾートは直線距離で約431km。片道6時間以上の運転が必要で、燃料費もかなりかかるということ。

更に、ディズニーを満喫し切った後の疲れた体で、ドライバーさんはそこから運転をしなければならないという条件を考慮すると、日帰りではなく宿泊を前提に旅行を計画する事がお勧めであるという事を申し添えておきます。

では、行きましょう!

大阪から【夜行バス】を使ってディズニーリゾートへ行く場合

大阪からディズニー、まず1番目にご紹介する交通手段は、夜行バスです。

夜行バスの特徴は何といってもコスパを重視する人におすすめしたい交通手段と言えます。以下に夜行バス利用の詳細について説明していきます。

夜行バスを利用する際のメリットとデメリットについて

●メリット
・全行程での総費用が他の移動手段に比べて一番安い。
・ディズニーランド、ディズニーシーそれぞれへの直通便の設定がある。
・女性専用車や、女性専用シートと言った女性にとって有難いサービスがある。

●デメリット
・移動(乗車)時間が長い。
・シートの形状や車両の特性によっては体が辛い状態になる場合も。
・渋滞等の交通状況で到着時刻の大幅な遅延が発生するリスクがある。

夜行バスの料金

大阪からディズニーランド・ディズニーシーまで、夜行バスなら片道2,000円台で行くことができます。
最安値は2,600円(※執筆時の値段)

夜行バスでディズニーへの移動は、このページで紹介する交通手段の中では最安値となります。ですから、交通費を節約して浮いた分をパークで思い切り買い物したい方にお勧めな交通手段となっております。

夜行バスを利用した場合の大阪~ディズニー間の所要時間

大阪~ディズニー間、夜行バスでの所要時間は9〜10時間前後。やはり他の交通手段(飛行機・新幹線)と比べて多くかかることは否めません。これは価格とのトレードオフと言ったところでしょうか。

夜行バスを使った場合のパークへの到着時間について

大阪からディズニー間を夜行バス使って行く場合、最速での時間帯であればパークオープン前の7時台に到着することが可能。

ですから、開園直後にいち早く確実に人気のグッズを購入したいという方や、比較的パークの混雑状況が緩やかと言われている朝の時間帯に人気のアトラクションに乗ってみたいという希望をお持ちの方に、夜行バスは特にお勧めです。

なお、ディズニーリゾートから大阪(梅田)行きバスの最終便は22時40分。
2024年6月現在、パークの閉園時間は21時となっておりますので、日帰りでディズニーを楽しむという方も閉園時間いっぱいまで思う存分パークを遊び尽くすことが出来ます。

◆大阪出発の夜行バスの主な乗り場案内

大阪から東京ディズニーリゾートに向かう場合、主な乗り場は下記のとおりとなります。

主に大阪駅付近が乗り場となっています。

夜行バスの乗り場【大阪】

1:大阪駅JR高速バスターミナル
2:ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル
3:阪急高速バス大阪梅田ターミナル
4:ハービスOSAKAバスターミナル
5:大阪駅前 桜橋口JR線高架下(旧:桜橋口アルビ前)
6:大阪VIPラウンジ
7:WILLERバスターミナル大阪梅田
8:大阪駅前東梅田停留所
9:プラザモータープール

ディズニー行きの夜行バスを利用する際、大阪はバスターミナルが特に多く慣れていない人ですと迷う可能性もあるので時間には余裕をもって向かいましょう。
また、自分の乗るバスの乗り場についても事前確認をお忘れなく!

夜行バスを予約出来る主なサイト

・夜行バス最安比較サイト【バスブックマーク】
・日本旅行 バスぷらざ
・JAMJAM Express

大阪から【新幹線】を使ってディズニーリゾートへ行く場合

大阪からディズニー、2番目にご紹介する交通手段は、新幹線です。

新幹線を使って新大阪駅から東京駅に行き、そこから在来線のJR京葉線に乗り換え舞浜駅に向かうルートとなります。

新幹線利用する際のメリットとデメリットについて

●メリット
・座席に座れれば快適に移動可能。(グリーン席・指定席なら確実に座れる)
・乗車に際しての煩わしさが無いのでスケジュール管理が容易
・殆ど遅延は無い。

●デメリット
・繫忙期の場合、自由席では座れない可能性大。(そもそも繁忙期では自由席の設定が無い場合も)
・割引等が他の交通手段に比べ少なく割高。
・東京駅で舞浜に行く電車(京葉線)に乗り換える際、ホームが極端に離れている為に分かり辛い

新幹線の料金について

新幹線で大阪~東京間の、片道14,000円程度となっております。その内訳と詳細は下記の通りです。

新大阪〜東京間の新幹線料金(片道)

●自由席の場合 
運賃:乗車券8,910円+自由席特急券4,960円
=13,870円(のぞみ・ひかり・こだま共通)

●指定席の場合
運賃:乗車券8,910円+指定席特急券5,490円(のぞみは5,810円)
=14,400円(のぞみは14,720円)

●グリーン席の場合
運賃:乗車券8,910円+グリーン席特急券10,360円(のぞみは10,680円)
=19,270円(のぞみは19,590円)

※繫忙期は200円増、閑散期は200円減。
※執筆時点での料金

※こだまで使える格安チケット「ぷらっとこだま」等を利用する場合は、上記料金とは異なります。

大阪からディズニーリゾートまで新幹線利用での所要時間

新幹線で大阪からディズニーに行く場合の所用時間について

まず、新幹線に乗車して新大阪駅~東京駅までの所要時間が約2時間30分〜4時間。
更に、東京駅から京葉線で舞浜駅までの所要時間約30分

合計で3時間〜4時間30分掛かるという事になります。

新幹線はのぞみ・ひかり・こだまどれがベストか?

東海道新幹線 新大阪〜東京間には、のぞみ・ひかり・こだまの3種類があり、それぞれの所要時間が異なります。

停車駅が1番少なく早い新幹線である「のぞみ」を利用すると、新大阪~東京間は約2時間半です。
それとは逆に、1番所用時間を必要とするのが「こだま」で、新大阪~東京間は約4時間ほどです。

このことから、目的地であるディズニーに少しでも早く到着したい場合や、移動を効率よくしたいという場合は「のぞみ」を利用。
移動中の旅情も存分に味わいたい場合や、先をそれ程急がない(例えば、東京に到着したその翌日にディズニー入園を予定している場合等)場合は「こだま」を選ぶと良いでしょう。

東京駅から舞浜駅までの行き方について

ディズニーリゾートの最寄り駅はJR京葉線の舞浜駅です。新幹線で東京駅に到着した後、JR京葉線に乗り換える必要です。

JR京葉線の東京駅から舞浜駅への乗車時間は15分程ですが、新幹線のホームからJR京葉線のホームが極端に離れており、一般的な成人の方が普通の速度で歩いても約10分位かかる為に、時間に余裕を持っておく事をお勧め致します。

新幹線利用でのパーク到着予定時間について

新大阪駅から東京駅への新幹線始発は、のぞみ200号:新大阪駅6時発・東京駅8時23分着です。

東京駅から舞浜駅までの時間も考慮に入れると、最速で舞浜駅に到着するのは9時前後となります。当日パーク来園の場合は、開園前に到着するのは不可能となります。

新幹線で行くディズニーの旅を予約出来るサイトの詳細は下記の通りです。

新幹線を利用したディズニー旅行を計画されている場合、「JR東海ツアーズ」がお勧め。
JR東海ツアーズは東海道新幹線を運行するJR東海のグループ会社となっており、ディズニー旅行のお得なプランも各種ご用意されております。

・JR東海ツアーズ(ディズニーへの旅)

大阪から【飛行機】を使ってディズニーリゾートへ行く場合

大阪からディズニー、3番目にご紹介する交通手段は、飛行機です。

飛行機を利用する際のメリットとデメリットについて

●メリット
・今回、当ページで紹介している全ての移動手段の中で所要時間が一番短い。
・予約するタイミングによって割引率がかなり高くてお得。
・確実に座れる快適さと所用時間が短いので移動に伴う疲労感は少ない。

●デメリット
・繁忙期等で搭乗手続きに時間がかかる場合があり、その時間の分だけ余裕を持たなければならない。
・悪天候などで欠航になるリスクが僅かながらある。
・直前予約の場合はかなり割高。

飛行機の料金

飛行機で大阪からディズニーに行く場合、片道約13,000円の費用がかかります。

ただし、格安航空会社を利用したり、早期予約割引サービスの利用で、これよりも安くチケットの入手が可能です。
調べたところ、これらを駆使した場合の最安値は片道8,210円でした(※執筆時点での料金)

各航空会社が定期的に開催する割引のキャンペーンなどのタイミングで予約すれば、もっとお得に乗れる可能性がありますよ!

飛行機を予約出来る主なサイトは下記の通りです。

・複数の航空会社を比較出来る「格安航空券センター」
・コンビニでお手軽にチケットを購入「ローチケ」

飛行機の所要時間

伊丹空港から羽田空港までの飛行時間は、約1時間。
次に、羽田空港からディズニー行きのリムジンバスで30分〜40分、電車だと1時間程度かかります。

リムジンバスの料金は片道1,000円(小児500円)です。

電車での移動は2パターンあります。所要時間・料金等の詳細は下記の通りです。

ルート行き方所要時間料金(ICカード)
京急線からJRに乗り継ぎ羽田空港第1・第2ターミナル駅から京急線で品川駅
→JR品川駅から山手線で東京駅→JR東京駅から京葉線で舞浜駅
約1時間20分610円
東京モノレールから東京臨海高速鉄道りんかい線に乗り継ぎ羽田空港第1ターミナル駅から東京モノレールで天王洲アイル駅(りんかい線)→新木場駅からJR京葉線で舞浜駅約1時間10分921円~

この様に、伊丹空港からディズニーに到着するまでの時間は、1時間30分〜2時間位かかる計算になります。これは、新幹線よりも1時間以上早いということになります。

しかし、飛行機は新幹線と違い搭乗手続にかなりの時間が掛かります。結果的にその時間を考えると、新幹線大きく変わらなくなってしまうという場合があります。

Check!

空港から目的地への交通手段として最近では、タクシーの快適さとバスの経済性を兼ね備えた「NearMe(ニアミー)」というサービスがあります。詳しくは下記のリンクからご確認ください。

飛行機で移動した場合のパークへの到着時間

伊丹空港発→羽田空港着の飛行機の始発は、7時5分発のJAL102便とANA982便。
8時15分に羽田空港に到着します。

関西空港発→羽田空港着の飛行機の始発は、7時0分発のANA94便。
8時10分に羽田空港に到着します。

羽田空港到着後ディズニーに向かうわけですが、交通手段としては電車とリムジンバスがあります。

リムジンバスを利用する場合、リムジンバスの始発は8時30分で所要時間は約30分なので、パーク到着時刻は、開園時刻の9時頃。

電車利用の場合、約1時間かかるということもあり道路が大幅に渋滞している等の事情を除けば、バスのほうが圧倒的に早く着きます。電車でも9時前に到着するのは困難です。
飛行機移動も新幹線同様、開園待ちできる時間帯に到着するのは難しいといえます。

なお、バス移動に関して、ディズニースポンサーの日本航空「ディズニー限定のJALダイナミックパッケージ」を利用で「往復無料送迎バス JALハピネスライナー」という特典が付く為、バスの料金が無料になるという選択肢があります。

大阪から【自家用車】を使ってディズニーリゾートへ行く場合

大阪からディズニー、3番目にご紹介する交通手段は、自家用車です。

自家用車のメリット・デメリットについて

●メリット
・荷物の量が多くても持ち運べる
・複数人で割り勘すればコスパが良い
・公共機関と異なり待ち時間がない
・寄り道がしやすい

●デメリット
・運転者の負担が大きい
・渋滞に巻き込まれる可能性がある
・臨時駐車場からは遠い

自家用車でディズニーリゾートへ行く場合、荷物の移動が楽で、たくさんお土産を買っても移動時に荷物の多さに困窮してしまうという事は他の交通手段と比較すると少ないでしょう。
割り勘にしたり、ETC割引を駆使したりすれば高速代もグッとお得。

また、寄り道や休憩が思いのままに取れることや、ノンストップでディズニーに行くことも理論上可能なので、時間的な束縛が一番少ない交通手段であると言い換えることも出来ます。
ただし、運転手の方が長距離運転になるので、運転を交代できる方と同乗されることや、休憩を適宜取られるのは勿論、安全第一の運転を心がけるようにいたしましょう。

自家用車で移動する場合の料金

自家用車で大阪からディズニーリゾートまで行く場合の費用詳細は下記の通りです。

料金梅田ICから葛西ICへ行く場合、約13,000~14,000円(ETC)
駐車料金普通乗用車(全長5m未満)の場合:2,500円(平日)・3,000円(土日祝日)
大型車(全長5m以上)の場合:4,500円(平日)・5,000円(土日祝日)

※高速料金は深夜料金やルートが変わることで料金も変動します。
※自家用車で移動する場合、高速道路の料金と駐車料金の他にガソリン代も掛かるのでその事もお含みおきください。

自家用車で移動する場合の所要時間

大阪からディズニーへ自家用車では、約6~7の所用時間がかかります。
名神高速の吹田ICもしくは梅田IC、首都高速の葛西ICが主な高速インターです。名神→新名神→伊勢湾岸→東名→首都が一般的な行き方です。

長距離移動を伴うディズニー旅行はホテル宿泊で快適に

ここまで、大阪からディズニーリゾートまでの交通手段についてご説明してきました。

やはり、長距離の移動で日帰りと言うのは時間的な制約や体力的にも厳しくなることは言うまでもありません。
せっかくの夢の国への旅も、疲労感を伴ったままではその楽しさも半減してしまいます。

そこで、ディズニーリゾート周辺のホテルに宿泊して翌日パーク来園といった泊りがけのプランをご検討さる事をお勧めいたします。

これによって、体力的にも時間的にも余裕をもって存分にパークを満喫する事が可能となります。

ディズニーリゾート周辺のホテルの特集はこちらから
⇒お好きな日程で入園可能なディズニーチケット付きホテルの予約方法
をご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は大阪からディズニーへの快適でお得な行き方をご紹介してまいりました。まとめると下記のような結果となっております。

交通手段所要時間費用(片道)パーク最速到着時刻
夜行バス9時間〜10時間約2,000円〜3,000円7時05分
新幹線3時間〜4時間30分約14,000円~9時ごろ
飛行機1時間30分〜2時間約13,000円~9時ごろ
自家用車6時間~7時間約13,000~14,000円

いずれの交通手段にもメリット、デメリットがあり一長一短と言ったところです。
是非ご自身のスタイルに合った交通手段を見つけてディズニー旅行を満喫してください。